Yoshika ’s blog

Favorite things and music activities

これまで漠然と”今”だと認識していたのは〜

実際は過去だよね。今っていう瞬間は毎瞬間生まれていても、その瞬間に過ぎ去っている。今が生まれてくる手前の何にも無い場所に気持ちを向けてみた〜未来のビジョン・・つながる。今こうだと思っていることが実際に存在したのかどうか、あいまいなわけだ、現実ではあるかもしれないけど、絶対では無いわけだ、同じことでも捉え方によって違うかもしれない、人によって場所によって違うかもしれない。

電子書籍なんてと思っていたのに

思考が先行しやすいのが弱点なんじゃないかと思ったのもあったし、偏見ばかり身につけてもね、直感力が弱る、とかもあって、しばらく読書をしていなかったので。ところがあの、kindleっていうのを使いはじめたら、なんか軽くて面白くて、ハマっているこの頃。知りたい情報も変わってきた、ずいぶんと。

誰がどんな本読んでいるのか、インターネットが得意な人たちなら簡単にわかってしまうんだろうね。そういうのが実際に悪用されている世界があるのかもしれない。

これだけ人の距離を縮められるインターネット、良いほうに使えば、プラスに大転換しそうだし、どうも今のところ止められ無いな。

世の中を善悪で分ける事に限界を感じる。

                 f:id:yamazakula7:20211012002126j:image

 

 

何回も改訂中(⌒▽⌒)〜#「歌うだけの旅」

過去も無い 帰る場所も無い

悲しくも無い 未練も無い

 

君との契約は終わった

仕掛けるのは無駄だね

 

誰のことも憎まない

 

 

 

何か思うなら幸いだ

そのうち何かに気づくだろう

 

君には共感できないが

その闘志は敬おう

 

自分の中に神を見つけたら

 

 

 

夜明けの前の裏切りも

あの日の真実かもしれない

 

逃げているのかもしれない

病んでいるのかもしれない

 

まだ何も始まって無いのかもしれない

 

 

 

道は知らなくてもいい

行きたい場所は見えるだろう

 

どうすることもできないことは

手離せる時が来たんだ

 

時計は左に回っている

 

 

 

散々な目にあったなら

自分の影が正体だ

 

どれだけ愛に傷ついていても

愛しさを知ることはある

 

孤独に理由も悲しみも無い

 

 

 

目が覚めるたびに可笑しい

誰もが居場所を探してる

 

歌うだけの旅は続く

楽になって行くばかり

 

笑いたいだけ笑えばいい

 

#「歌うだけの旅」 真壁 芳香

 

ことばのはなし〜「redemption」についてちょっと

言葉にしたい感じ、概念的なのがあって、それが日本語にうまくあてはまらなかった。

それで、抽象度を下げて(具体的にして)言葉を当てはめて、

これでよし、思ったんだけど。

なんとなく心残りだったのか、英語で何て言うのかなとふと思って、

検索したら簡単に出た。

「redemption」

そうだよね、これだ。

日本語で、「贖罪」

なのでこれも実は最初に使おうと思った言葉ではあったけど、

ちょっと違う気がしたのね。

固いしね、

いかにも懲罰みたいな気がしてしまう。

「解放」

これもちょっと違うな、

そんなに軽くない。

わたしの言いたいのは、

”解放のために自ら選んでいる、または宿命的に立ち向かっている困難な過程”

という・・感じなんだけど、

これでも上手く伝わらないよねきっと。

で、具体的な状態に当てはめてしまったよ、

意訳みたいな感じ、自分にしかわかんないかもしれないけど。

あえて何に当てはめたかは、

言わない方がいいと思うんだ、こういうの。

2021/10/Live information

2021年

10月

 

自信って人から奪うものじゃ無いんだ。

怖くなってそれをやってしまう、それが、原罪っていうんじゃなかろうか。

元々持っていたはずのものを、

思い出す旅の途中なんじゃないかな、わたしたち。

 

☀️

7日(木) 下北沢 BIGMOUTH

10日(日) 阿佐ヶ谷 Checker board

15日(金) 阿佐ヶ谷 OILCITY

24日(日) 阿佐ヶ谷 Chicago

27日(水) 荻窪 club Doctor

29日(金) 関内 音小屋

30日(土) 阿佐ヶ谷 un.10

f:id:yamazakula7:20210921205913j:plain





 

作曲中〜改訂版#「あの子は出かけてしまった」

#「あの子は出かけてしまった」真壁 芳香

 

朝目が覚めたら世界は 終わろうとしていた

何秒残されてるのか 何にもできずに過ぎていく

もう会えない君のことを どうしようもなく思った

無いものばかり気にしてたら どんどん動けなくなってく

 

解放の時は来るのか 審判を受けるのか

あの子は出かけてしまった lockdownの街を通り抜けて

 

 

心は晴れていたけれど 出て行ったほうがいいらしい

昔のことなんて今や 残酷すぎる物語

人の意見で人を叩き 知らない顔で逃げたとか

美しかったあの人が 命を削ったこの街を

 

解放の時は来るのか 審判を受けるのか

午前3時のbluesを聞いて あの子は出かけてしまった

 

 

もう追いかけては行けない 待っていることもできない

許されなかった物語 白紙のページに消えてく

わたしの知らないあの人が 鉄の扉を閉めた時

一つの疑問を残したまま 自由への扉が開いた

 

解放の時は来るのか 審判を受けるのか

陽だまりの道を風に吹かれて あの子は出かけてしまった

 

 

窓の外は大粒の雨 青く輝いて溶けていく

失った数を忘れた胸に 痛みと愛しさが残った

通りに出たら交差点で 一人の老人に出会った

こっちへおいでと手招き 少年の瞳で笑った

 

解放の時は来るのか 審判を受けるのか

古い革靴を脱ぎ捨てて あの子は出かけてしまった

 

解放の時は来るのか 審判を受けるのか

あの子は出かけてしまった lockdownの街を通り抜けて

 

作曲中〜改訂版 ♯「Disease cluster」

#「Disease cluster」真壁 芳香

 

君をここから見ているよ 君の気持ちがわかるよ

不安なんだね漠然と いつも頑張っているのに

僕と取引きしませんか すぐに楽になれるよ

Disease cluster みんなそうしてるよ

 

嫌な事件を聞いただろう 弱い者は無抵抗だ

被害者になりたく無いのなら 僕と取引きしませんか

先手を打てば済むことさ すぐに揉み消してあげる

Disease cluster あいつもそうしてるよ

 

あいつは幸せそうだね 君もそうなりたいだろう

呆れた連中ばかりだね 君は正直なのにね

僕に心を売ってくれ お金も自由もあげるから

Disease cluster 君も勝ち組みだね

 

今のままでは困るでしょ 足りない物ばかりだよ

薬漬けで働いても 君の体は弱っていく

ワクチンと新薬が必要だ 君の血液が飢えている

Disease cluster 他に逃げ場は無いね

 

 

SNSでも話題だね 犯人探しが必要だ

一体何者の力が この世を動かしているのか

見えない力を奪うんだ 有利な立場で居られるよ

考えるなよ Disease cluster